便秘の改善に食物繊維
◆お知らせ

トイレを我慢するだけでなる「直腸性便秘」

普通は便が直腸へ達すると、直腸が刺激され脳に信号が送られる事で便意を催し排泄されますが、直腸性便秘の場合は、便が直腸まで達しても何らかの理由で、信号が弱まり、便意を感じずらくなり便が溜まってしまいます。
このタイプの便秘は、仕事の忙しさでトイレに行くのを後回しにしたり、痔を患っていて排便時に痛みがある人など、便意を我慢する事が習慣化してしまっている人に多く見られます。
便意を日常的に我慢する事で、直腸から脳へ送られる信号がどんどん弱くなる事が原因の一つで、若い女性で恥ずかしさからトイレに行くのを我慢して便秘になるケースも少なくありません。
便を日常的に我慢していなくても、高齢者の場合は加齢により大腸の働きが鈍り、脳へ送られる信号が弱くなった結果、便秘になってしまう事があります。
また、直腸性便秘の場合、便が直腸に長く留まり、溜まる事で、便が非常に固く太いものになりやすく、排便が困難になります。場合によっては排泄時に痛みを感じる為、痛みを避けてトイレを我慢したり、痛みの所為で上手くいきめなかったりして症状を悪化させてしまう事もあります。
直腸性便秘を防ぐ、または改善する為にも、便意を感じたらすぐにトイレに行く事が肝心です。

緩下効果のある食品を便秘薬代わりに

便秘」が慢性化している方のなかには、便秘薬を常用していて、効果がうすれてきたり、全く効かなくなってしまったりと、体が薬に対して耐性をつけてしまい困っている人も多いのではないでしょうか。
便秘薬を常用するのは、場合によっては便秘をさらに悪化させる危険性があるため、あまりお勧めできません。
食品のなかには下剤のような緩下(かんげ)効果のあるものがいくつかあるので、食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。こちらなら体への負担も少なく耐性がついて効かなくなるといったこともありません。
まずは「牛乳」です。水分の少ない硬い便だと排便しづらくなってしまうので、適度な水分補給が欠かせないのですが、それを牛乳で行えば水分補給をしながら牛乳の緩下効果で排便を促します。
他には、緩下効果がある食品にプルーンがあります。プルーンには食物繊維のペクチンが豊富で便秘の解消にもつながりますし、ジャムやジュース、ドライフルーツ状のものなど、種類が豊富なので好みに合わせた食べ方が選べます。
植物油にも、便の滑りをよくすることから緩下効果があり、野菜炒めやコロッケなど、食物繊維が豊富な食材を調理するときに使えば効果が期待できます。
慢性的な便秘で便秘薬を服用している方は、ぜひこれらの食品を食事に取り入れてみてはいかでしょうか。

便秘の改善に食物繊維

11/6 15:38
▼便秘が慢性化して慣れてしまうのは危険
女性は身体的な特徴から便秘になりやすく、なかには幼いころから症状を抱えていた為、当たり前になってしまい、あまり気にしていない人もいるようです。

しかし、便秘をほおっておくのは体に良いはずがありません。弛緩性便秘の場合は腸内に長く便が留まる事が原因で、便の腐敗が進み、そこから腐敗物質が発生し、それが体内に吸収されていきます。

体内に吸収された腐敗物質は、頭痛、腰痛、肩こり、肌荒れ、吹き出物、口臭など、他にも様々な病気の引き金になります。

便秘の症状と合わせて上記の様な症状に悩んでいる人はいませんか? 頭痛が酷いからと頭痛薬を常用している人や、腰痛や肩こりの治療でマッサージに通っている人、肌のトラブルで高価なクリームを使用している人、口臭が気になって喋るのが苦手な人など、様々な悩みとその対策の煩わしさから、便秘を治すだけで開放されるかもしれません。

便秘を子供の頃からの症状だからと放置するのは、ガンなどの重い病気を患う可能性がある危険な考え方です。
症状が慢性化して慣れてしまっている人、または治療を諦めてしまった人はいませんか? 今一度、自分の体調を見な直してみて、思い当たる節があるなら諦めずに改善に務めましょう。
11/6(木)15:34
 
▼弛緩性便秘の改善に役立つヨガ
便秘でお悩みの方で、運動不足・ダイエット・産後・ストレス、といった言葉に心当たりのある方は「弛緩性便秘」である可能性があります。

「弛緩性便秘」は運動不足などによる筋力低下(特に腹筋)、食事を極端に制限する様な無理なダイエット、出産後の女性、大きなストレスを抱えた人などが陥りやすい便秘の症状で、大腸の蠕動運動がしっかり行われない事が原因の症状です。

このタイプの便秘を改善するには、ジョギングやウォーキングといった軽い運動でも効果がありますが、蠕動運動を促す筋肉を鍛え、ストレス解消にも繋がるヨガの運動をご紹介します。

まず、両足を真っ直ぐ前に伸ばした状態で座り、片方のカカトとお尻を上げて前に出します。同じようにもう片方のカカトとお尻を上げて前に出し、それを交互に繰り返して、お尻で歩く様に動かします。
この動きで前進と後進を交互に行えば、限られたスペースでも十分な運動ができます。
その時に、背筋をしっかり伸ばし、ウォーキングと同じ様に腕を振る事と、お尻歩きのリズムに合わせて、大きく呼吸をする事が大事です。

また、運動後に鼻から大きくゆっくり息を吸い、口からゆっくり吐くヨガの呼吸法で深呼吸する事で、ストレス解消の効果が高まり、便秘の改善に繋がります。
11/6(木)15:34
 
▼Z-Z BOARD
Z-Z BOARDをレンタルして頂き有難う御座います。
使い易く高品質な掲示板を提供させて頂きますので末永いご愛用をお願いします。
ご意見やご要望などございましたらお気軽にご連絡ください。
この掲示板は今すぐにご利用頂ける状態です。
管理者様は下記の[管理画面]にて各種設定、投稿の削除が行えます。
11/6(木)15:30
最新投稿

222アクセス
Presented by Z-Z BOARD