176775アクセス

Jazzy-K Works BBS 


Name
Mail
Title
Comment
URL
Password (削除パス)


    
 
  【No.388 Res.1】

スクリーン表示風


1 Name 高校生
 
どのようにして作られているのですか?
 
2018/8/26(日)14:56

2 Name Jazzy-K
 
返信遅れました。すみません
エクセルで作ってます
本物に近づけられるよう試行錯誤しながらやってます。
 
2018/10/17(水)5:56

Name
Mail
Comment

 
 


    
 
  【No.377 Res.4】

アスリートランキングに新潟県選が


1 Name 観戦者
 
少なくとも一昨日までは、アスリートランキングドットコムに、今週末(7/13〜)の新潟県選手権が掲載されていたのに、今見たら消えていました。

新潟県内開催の大会がこのサイトに掲載されるのは、珍しいなァ、携帯で速報も見られる、と思っていたのに・・・
残念です。

コメントする本体(アスレチック・ナビ)の記事がないので、ここに書き込みました。

復活しないかなァ・・・
 
2013/7/10(水)19:04

2 Name Jazzy-K
 
復活しましたよ。
 
2013/7/12(金)21:58

3 Name 観戦者
 
そうですね。

新潟陸協のHPにアスリートランキングドットコムのバナー(?)が表示されていることに、少々、驚きと、(失礼ながら)違和感・・・

今後も他の大会に活用されるとしたら、“観戦する者”にとっては、嬉しいのですが・・・

まずは、天気が心配・・・
 
2013/7/12(金)23:17

4 Name Jazzy-K
 
今日も一日お疲れ様でした。
観戦者さん、そちらの方、天気はどうでした?
今日の、個人的に気に入ったニュースは
「松井ファミリー 男女ハンマー投制覇!」ですね。
松井重徳先生(長岡商高教員)の子供さんで、兄の勝矢選手が54m55、妹の理沙さんは46m79で大会新。
重徳先生は当新潟県選手権で14連覇含む18回の優勝を果たしてますので、まさに「ファミリー」で制覇といったところですね。
ただし、重徳先生の奥さんも競技やっていたかどうかは定かではありません。
 
2013/7/13(土)22:36

5 Name 削除済
 
削除済
 
2015/3/14(土)19:43
 

Name
Mail
Comment

 
 


    
 
  【No.93 Res.11】

彩夏到来08埼玉総体 やってます


1 Name Jazzy-K
 
■ Today's Headline 2008年7月29日(火)編
@ 長岡商・北村千聖 インターハイ女子ロングスプリント2冠に向かって先ずは400mで1冠獲得。
あさっての200mはどうなるでしょうか?

A 女子1500m予選4組。三条高校の藤石佳奈子が自己記録を更新して3着で決勝進出。
ただし、ハイペースで先頭を引っ張ったそうで、結局ラストで抜かれて3着だったということを考えれば明日の決勝がちょっと心配。

B 男子棒高跳。予選は4m70を越えれば決勝進出の所、ようやくここにきて調子が上がってきたという高橋理寛(新潟高)がその4m70を1回でクリアして決勝進出を決めたもよう。
明日の決勝で悲願の5m越えは果たせるか?

この他、女子4×100mR予選では長岡大手がプラスで拾われて準決勝へ駒を進めたが、そのフィニッシュタイムは学校新記録を更新した模様。さらに男子4×100mR予選3組は新潟明訓が着順2着で準決勝へ。そのタイム、41秒67は準決勝へ駒を進めた24チーム中13番目タイということでなかなか善戦してますね。 
 
2008/7/29(火)23:49

3 Name Jazzy-K
 
■ Today's Headline 2008年7月31日(木)編

(1) 女子400mHで準決勝2組を1着で突破、しかも前日の予選でマークしたばかりの自己記録をさらに更新して決勝へ駒を進めた山崎遙だったが、いざ決勝が始まると「重圧」の為か動きが硬くなってしまったようで、その影響もあってか本人の持ち味である終盤の追い上げが全くきかず、9台目ハードルは6番手の通過だったが、最終ハードル後の直前でずるずると後退、結局2大会連続の決勝進出ながらも前回大会(佐賀インターハイ)と同じ8位でフィニッシュした。
あの山崎選手でも「(全国の)決勝での重圧」に負けることがあるのかなぁと思ったが、実はもともと本人は緊張しやすいタイプのようで、顧問の志田哲也先生も決勝レースの招集直前に彼女の心理状態等を見抜いて適切アドバイスを与えたらもっといい結果が出てたのではないか、という感じを受けました。

(2) 女子800mは翌日の決勝進出を目指し1次予選(8組2着+8)と準決勝(3組2着+2)を行った。
1500m決勝での惨敗から一夜明けた藤石佳奈子は気持ちを切り替えて800mに出場。1次予選・1組目を着順2着で突破したが準決勝1組では8着フィニッシュ。
藤石の「2008埼玉インターハイ」はここで終わってしまった。
そして、藤石とともに活躍が期待された藤森彩(新潟商)は1次予選8組目、藤森も含めて3人が並ぶようにしてフィニッシュラインになだれ込むというラスト勝負で敗れ3着。タイムで準決勝に進める8人の枠にも入れず、あっけなく1次予選で姿を消した。

(3) 男子400mH・準決勝3組は新潟明訓の佐藤駿選手(2年生)が登場。着順は6着ということで残念ながら決勝進出はならなかったが、まだ2年生。来年のインターハイを目指して精進していってほしいものである。
 
2008/8/1(金)23:40

4 Name Jazzy-K
 
[ 男子走高跳びV ] 小島(十日町)自己新2b12

本番に照準 万全な調整 (小島)
177aとジャンパーとしては小柄な身体でただ一人、2b12のバーを越えた瞬間、男子走高跳びの小島亮(十日町)は両腕を突き上げて喜びを爆発させた。
「今回は完璧にに調整をしていた。」満を持しての頂点だった。
 小島は2b09を2回失敗し、この高さを1回でクリアした石橋哲也(京都両洋)に一時は水を開けられた。しかし「絶対に自分なら跳べる」と信じて3回目で成功すると、最後は石橋が3回とも失敗した2b12を跳び越えた。
 過去2回のインターハイでは調整を誤り大会前にピークが過ぎてしまった反省から、今シーズンは県高校総体の直前まで跳躍練習をほとんどせずに助走の為の走り込みを繰り返し、調整を遅らせたという。
 自己ベストに及ばない成績が続き、実は「少し不安があった」と打ち明ける。
しかし、直前の県選手権で2b10跳び自己ベストを更新。「(自己)ベストを狙ったときに出せたので自信になった」と、勢いをつけてのインターハイだった。会場には十日町から同校陸上部員ら70人が駆けつけた。「こんなに応援してもらって跳ばないわけにはいかなかった」と日焼けした笑顔で笑った。

[写真] 男子走高跳び 決勝 優勝した小島の2b12の跳躍  =8月1日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

以上、新潟日報 2008年8月2日(土)
 
2008/8/3(日)7:10

5 Name Jazzy-K
 
■ Today's Headline 2008年8月1日(金)編

(1) 男子走高跳は、>>4 の通り十日町高校の小島亮が2m12(PB)をクリアして優勝。
その一方で、優勝候補大本命の斗邉直人(専修大学附属松戸・千葉)はなんと決勝でスタートの高さ1m97を越えられず「記録なし」に終わった。

(2) 女子200mは、本大会女子400mのチャンピオン・北村千聖(長岡商)が登場。
1次予選・1組では自己記録を更新(24秒55→24秒53)して1着でフィニッシュ=準決勝進出。
ところが続く準決勝1組では、各組2着以内なら自動的に決勝進出のところで3着となってしまい、残りの2レース(準決勝2組・3組)の結果発表を待つはめになったが、タイムで決勝に進めるプラス2枠の1番目となり決勝進出となった。
その決勝では残念ながら7着と敗れ、タイムも向かい風2.4mの中で25秒09。本大会において400m×3レース、200mの1次予選・準決勝を走ったあとで迎えた決勝レースだったが、これまでの疲労が蓄積していたためかその走りはいつもの「北村らしい走り」ではなかった。
こうして「ロングスプリント2冠への挑戦」は400m優勝の1冠のみに終わったが、秋に行われる「チャレンジ!おおいた国体」では、インターハイチャンピオンとして「受けて立つ」側として戦うことになる。

(3) 男子・女子マイルリレー1次予選で新発田商(男子)、長岡大手(男子)(女子)が学校新記録を更新して準決勝進出!
特筆すべきは長岡大手・女子マイルチーム、1次予選5組では3着となりプラスで準決勝進出という形となったが、そのタイム・3分50秒33
は新潟県高校記録更新だけでなく、19年ぶりの「北信越高校記録」の更新となった。
 
2008/8/3(日)8:29

6 Name 削除済
 
削除済
 
2008/8/3(日)19:22
 

7 Name 削除済
 
削除済
 
2008/8/3(日)19:22
 

8 Name Jazzy-K
 
■ Today's Headline 2008年8月2日(土)編

女子砲丸投げ 拝野紗生子(新潟明訓)県高校記録塗り替え7位入賞

7月30日の円盤投・予選では予選通過標準記録の40mをはるかに下回る記録で予選落ちした拝野紗生子(新潟明訓2)が「本職」の砲丸投で奮起した。
この選手の自己ベストは昨年秋の「北信越高校新人陸上」で優勝した時の13m09だが、今シーズンの自己ベスト(埼玉インターハイ直前まで)はインターハイ最終予選の北信越高校総体陸上でマークした12m49(=1位)にとどまっていて、その時の本人曰く「最悪の投」と評しているだけあって納得のいく記録が残せないままインターハイ本番を迎えていた。
が、しかし。12m40を投げれば決勝進出となる予選で今シーズンの自己ベストとなる12m64を投げ予選ランク5番目で堂々の決勝進出を果たすと、その決勝ではさらに今シーズンの自己記録を大幅に更新して7位入賞。その記録13m40は「真の自己ベスト」となると同時に、2002年に三条東(=当時所属)の高木喜子さんが保持していた新潟県高校記録=13m33までも越える「新潟県高校新記録」となった。
なお、高木喜子さんが新潟県高校記録を塗り替えた時も、今回拝野選手がさらに新潟県高校記録を塗り替えた時も、この両者を指導していた先生は知る人ぞ知るあの深滝敬先生であった。
ともあれ、拝野選手は2年生。今回男子400mHで準決勝まで進んだ同校の2年生・佐藤駿選手とともに今後の活躍が注目される。

「4×400mリレー・準決勝」 長岡大手(男子)(女子)2レース連続学校記録更新も決勝進出ならず

4×400mR(=通称マイルリレー)。
前日の1次予選で「学校記録」を更新して準決勝へ駒を進めた男子・新発田商、長岡大手(男子)(女子)が夢の決勝進出を目指し強豪校揃いの準決勝に挑んだ。
男子の新発田商は準決勝2組で6着となり決勝進出を逃し、タイムも前日の1次予選でマークした「学校新記録」となる3分15秒73を上回ることは叶わなかったが、3年前の男子400m全中チャンピオン・榎本健太選手を中心によくここまで頑張った。
その新発田商の登場前に行われた準決勝1組では、長岡大手(男子)が5着でフィニッシュ。3組2着+2で決勝進出枠8チームを争う準決勝、その1組目で5着となっては決勝進出はほぼ絶望的となるが、そのフィニッシュタイム=3分16秒73は、前日の予選でマークしたばかりの学校新記録(3分17秒38)を更に更新。決勝への壁は厚かったが、ベストは尽くしたと言っても過言ではないだろう。
さらに。長岡大手・女子マイルチームは準決勝2組に登場。愛知淑徳、大阪薫英女学院、相洋(神奈川)などを筆頭に強豪校がひしめく厳しい組み合わせではあったが、2着でフィニッシュして決勝進出を決めた相洋高校に2秒54差と迫る3分48秒97をマークして6着。
男子同様3組2着+2で決勝進出枠を争う為長岡大手の女子も決勝進出はならなかったが、男子同様前日に更新したばかりの学校新記録を更に短縮、同時に「新潟県高校新記録」&「北信越高校新記録」をさらに更新した。
なおこの女子マイルリレー・決勝レースにおいて東大阪大敬愛は3分41秒31=高校新記録で優勝、この種目での3連覇を果たし、同校としては初の「女子学校対抗総合優勝」に華を添えたのであった。 めでたし、めでたし。
 
2008/8/3(日)19:21

9 Name Jazzy-K
 
■ 2008年8月2日(日) 埼玉インターハイ(陸上競技)最終日
[女子砲丸投げ]拝野(新潟明訓) 県高校新7位

来年の飛躍誓う (拝野)
女子砲丸投げは拝野紗生子(新潟明訓)が県高校新記録の13b40で7位入賞。昨秋以来の13b台に「うれしかった」と喜びを噛みしめた。
 フォーム改造に時間がかかり今春から記録が伸びす、試合のたびに悔し涙を流していたという。しかしこの日の決勝では「陸上部のみんなが応援してくれて気合いが入った」と1投目から13b台を投げ、3投目にベストをマークした。
 「メダルが欲しかった」と順位には悔しさをのぞかせるがまだ2年生。来年の飛躍を誓っていた。

新潟日報 2008年8月3日(日) 朝刊13面より ]
 
2008/8/10(日)21:11

10 Name 削除済
 
削除済
 
2008/8/12(火)5:41
 

11 Name 削除済
 
削除済
 
2008/8/12(火)5:41
 

12 Name 削除済
 
削除済
 
2015/3/14(土)19:44
 

Name
Mail
Comment

 
 


    
 
  【No.386 Res.8】

日本選手権《混成競技》開催中


1 Name 観戦者
 
今日(H26.6.1)まで長野市営で行われている日本選手権《混成競技》を観戦しています。
4月に日本記録樹立の右代啓祐選手は、7種目終了時点で、5856点。日本記録樹立時の5846点を少しだけですが、上回っています。8種目の棒高跳も、日本記録樹立時の4m80をクリアしたところです。
また、日本記録更新?!
 
2014/6/1(日)16:08

2 Name 観戦者
 
日本選手権《混成競技》右代啓祐選手、棒高跳は結局、4m80で競技終了です。
このあとは、槍投げ。向かい風が続いており和歌山の時より期待できるかもしれません。
 
2014/6/1(日)16:39

3 Name 観戦者
 
日本選手権《混成競技》9種目目やり投げ開始です。
右代啓祐選手(スズキ浜松AC)
第1投は69m11。
和歌山での記録64m26を上回っています。
(8種目目迄では6705点。日本記録樹立時の6695点を10点上回っています。)
いよいよ、日本記録更新の期待大です。
 
2014/6/1(日)17:44

4 Name 観戦者
 
日本選手権《混成競技》9種目目やり投げ。
右代啓祐選手(スズキ浜松AC)
第2投は66m50。
第3投はパスで、
記録は第1投の69m11となり、和歌山の時より84点上回っているようです。
もう、日本記録更新はかなり近いですね。
 
2014/6/1(日)18:02

5 Name 削除済
 
削除済
 
2014/6/1(日)18:16
 

6 Name 観戦者
 
日本選手権《混成競技》最終10種目目の1500mは、18:55開始のアナウンスです。
右代啓祐選手(スズキ浜松AC)が日本記録更新するには、4'59"51とのこと。
苦手な種目とはいえ、もうおそらく大丈夫なのではないでしょうか。
8300点台も可能かもしれません。
同じスズキ浜松ACの中村明彦選手も8000点台となる可能性があるようです。
非常にレベルの高い日本選手権になっています。
 
2014/6/1(日)18:17

7 Name 観戦者
 
日本選手権《混成競技》。
9種目目迄で、
右代啓祐選手(スズキ浜松AC)は7581点。
中村明彦選手(同)は7189点です。
選手たちがスタート地点付近に集まり出しました。
固定照明施設が無い長野市営に仮設の照明が用意されています。
 
2014/6/1(日)18:46

8 Name 観戦者
 
【速報】
日本選手権《混成競技》。
右代啓祐選手(スズキ浜松AC)が【日本新記録】達成です。
 
2014/6/1(日)19:02

9 Name Jazzy-K
 
貴重なコメント送信
ありがとうございます。

日本選手権混成 最終結果
1)右代啓祐(スズキ浜松)8308
2)中村明彦(スズキ浜松)8035
3)音部拓仁(富士通)7604
4)染谷幸喜(チームアクセル)7597
5)川崎和也(順大)7515
6)能登谷雄太(ニューモード)7346

村山凌一選手ツイッターより
 
2014/6/1(日)19:22

Name
Mail
Comment

 
 


    
 
  【No.12 Res.18】

女子100m予選


1 Name ぴろぴろ
 
姪の唯が出場します。
一年なので、とりあえず予選突破してくれたらなと思ってます。
速報お願いしま〜す♪
明日は応援に行くぞー!
 
2007/8/22(水)9:02

10 Name いけうち
 
女子100mは、新潟の田中七菜生さん(燕中)が優勝です。
管理人さんおめでとうございます。
 
2007/8/23(木)14:44

11 Name ぴろぴろ
 
管理人さんおめでとうございます。
接戦を制しましたね!!
池内さんも決勝進出おめでとうございます。
10月のジュニアオリンピックも応援頑張りましょう。
 
2007/8/23(木)19:47

12 Name 陸上大好き
 
田中さん速かったですね!他の競技でも新潟勢が入賞してましたし、来年の全中に向けて強化が進んでいるんですね!おめでとうございます。
 
2007/8/23(木)22:07

13 Name 削除済
 
削除済
 
2007/8/23(木)22:41
 

14 Name 削除済
 
削除済
 
2007/8/23(木)22:41
 

15 Name Jazzy-K
 
>>いけうちさん、ぴろぴろさん、陸上大好きさん
ありがとうございます。最後の方は追い上げられましたが、なんとか逃げ切りましたね。
テレビの優勝インタビューで田中選手は「向かい風は得意」と豪語していますが、無風状態あるいは無風に近い状態の1次予選・準決勝でも圧倒的な強さを見せて勝ち上がったようで、大会前のランキング2番目(私の調べ) の力は本物だったことが証明されてよかったのではないか思っております。
田中七菜生選手を応援してくださったみなさん、応援ありがとうございました。
見事な優勝(NHK調)でした。
テレビ放送を見終えた自分は正に「気分爽快」です。
では、決勝の前段階、準決勝の結果をどうぞ。
(携帯サイトより)

● 女子100m準決勝 (4組1着+4)
1組(-0.7)
1着) 12.58  森  佑紀那 (1) 愛  知・長良    Q
2着) 12.59  加藤  佑実 (2) 茨  城・田彦
3着) 12.61  角名亜衣美 (2) 埼  玉・埼玉栄
3着) 12.61  大野  美貴 (3) 千  葉・成田西
5着) 12.75  坂上  未佳 (2) 北海道・網走第二
6着) 12.76  西山  由莉 (2) 埼  玉・赤見台
7着) 12.80  船坂  実来 (3) 愛  知・北陵
8着) 12.87  峰   悠花 (2) 神奈川・西中原
9着) 12.99  清水  香帆 (2) 静  岡・浜松積志

2組(0.0)
1着) 12.33  田中七菜生 (3) 新  潟・燕      Q
2着) 12.48  藤田  知香 (3) 大  分・上野ヶ丘 q
3着) 12.65  松井  友美 (3) 神奈川・国府
4着) 12.68  重吉季里子 (3) 石  川・板津
5着) 12.77  清野  真琴 (3) 栃  木・陽西
6着) 12.82  宮口  智子 (3) 石  川・紫錦台
7着) 12.92  名倉  千晃 (2) 大  阪・若江
8着) 12.95  佐藤  愛奈 (2) 栃  木・宇都宮城山
9着) 13.01  佐々木祐佳 (3) 山  口・勝山

3組(+0.7)
1着) 12.45  山本  優香 (3) 東  京・三鷹一   Q
2着) 12.51  伊達  愛美 (2) 京  都・江陽     q
3着) 12.59  三軒  真央 (3) 兵  庫・井吹台
4着) 12.66  奥野由布子 (3) 静  岡・三島南
5着) 12.74  滝井亜由美 (3) 静  岡・大井川
6着) 12.75  杵渕  莉沙 (3) 広  島・己斐
7着) 12.82  新妻   唯 (1) 福  島・楢葉
7着) 12.82  青木  奈々 (3) 千  葉・七次台
9着) 12.84  渡辺  愛梨 (3) 秋  田・能代南

4組(+1.8)
1着) 12.31  五十嵐理沙(3)  山  形・上山北   Q
2着) 12.45  中澤まいこ (3) 神奈川・宮内     q
3着) 12.46  青木  益未(1) 岡  山・岡山福田  q
4着) 12.57  赤司かずみ (3) 埼  玉・千間台
5着) 12.58  山下  香織 (3) 熊  本・八代第五
6着) 12.60  津田  愛未 (3) 福  井・小浜
7着) 12.62  森川   葵 (3) 茨  城・永山
8着) 12.62  池内英里香 (3) 兵  庫・加古川中部
9着) 12.70  佐藤   望 (3) 宮  城・飯野川

以上、準決勝の結果でした。
準決勝の戦いは見られませんでしたが、無風状態になるとやはり藤石選手が強かったですね。
 
2007/8/23(木)22:41

16 Name ぴろぴろ
 
決勝で活躍できるようになるには。。。
みなさん一日どのくらいの練習量なんでしょう?
やはり常設の陸上部ですか?
YUIはサッカー部です。特設陸上部で参加しました。
 
2007/8/25(土)7:29

17 Name いけうち
 
今開催されている世界陸上の100mに出場している、高橋萌木子さんは、中学時代ソフトボール部でした。朝原選手は、ハンドボール部でした。
中学の間は、今のままサッカーを続けて、高校から本格的に陸上をやってはどうでしょうか!
1年生で全国大会に出場できるのですから、今後に期待しています。
 
2007/8/28(火)20:05

18 Name 削除済
 
削除済
 
2011/10/27(木)19:43
 

19 Name 削除済
 
削除済
 
2015/3/14(土)19:45
 

Name
Mail
Comment

 
 


    
 
  【No.297 Res.9】

沖縄インターハイ(陸上競技) 2


1 Name Jazzy-K
 
おはようございます。
7月29日から始まった「美ら島沖縄総体2010」(2010沖縄インターハイ)の陸上競技は、残すところ本日と明日の2日間を残すのみとなりました。
では、3日目までの優勝者をざっと紹介してみましょう。

● 男子100m・決勝 (7月30日16時50分) 風は-2.1m
 1) 10.66  九鬼   巧(3) 和歌山 ・ 和歌山北

● 男子400m・決勝 (7月29日16時10分)
 1) 47.79  山ア  謙吾(3) 埼玉 ・ 埼玉栄
 3) 48.31  古川   諒(3) 新潟・新潟産業大附属

● 男子1500m・決勝 (7月30日16時19分)
 1) 3:46.48  マイケル ギチンジ(3) 青森 ・ 青森山田
 2) 3:46.50  八木沢 元樹(3) 栃木 ・ 那須拓陽

● 男子400mH・決勝 (7月31日15時05分)
 1) 51.04  加藤  誠也(3) 埼玉 ・ 夏山

● 男子5000m競歩・決勝 (7月31日14時09分)
 1) 22:02.88  西塔  拓己(3) 広島 ・ 広島商
 7) 22:41.34  中村  亮介(3) 新潟 ・ 東京学館新潟

● 男子4×100mリレー・決勝 (7月31日16時35分)
 1) 41.08  滝川二 ・ 兵庫
         (1走)荒島 駿(3)
         (2走)魚里 勇介(1)
         (3走)上野 雄介(3)
         (4走)長谷川 竜志(3)

● 男子棒高跳・決勝 (7月31日)
 1) 5m15  桜井   駿(3) 千葉 ・ 柏日体

● 男子走幅跳・決勝 (7月31日)
 1) 7m74 (+4.7m) 松原   奨(2) 静岡 ・ 東海大翔洋
 5) 7m40 (+5.3m) 間島麟太朗(2) 新潟 ・ 日本文理

● 男子砲丸投(6kg)・決勝 (7月29日)
 1) 17m21  大坂  将央(3) 大阪 ・ 近大附属

● 男子ハンマー投・決勝 (7月31日)
 1) 61m31  森本  涼太(3) 三重 ・ 宇治山田商

● 男子高校八種競技・総合結果 (7月29日〜30日)
 1) 5594点 谷  浩二朗(3) 兵庫 ・ 滝川第二

● 女子100m・決勝 (7月30日16時40分) 風は-3.2m
 1) 12.23  青木  益未(1) 岡山 ・ 創志学園

● 女子400m・決勝 (7月29日16時00分)
 1) 55.05  長谷川 美里(3) 神奈川 ・ 荏田

● 女子1500m・決勝 (7月30日16時13分)
 1) 4:19.86  赤松  眞弘(3) 岡山 ・ 興譲館

● 女子400mH・決勝 (7月31日14時50分)
 1) 59.96  梅元  里菜(3) 宮崎 ・ 宮崎商

● 女子3000m競歩 ・ 決勝 (7月30日17時25分)
 1) 13:20.61  小田 沙也加(3) 大阪 ・ 桜宮

● 女子4×100mリレー・決勝 (7月31日16時20分)
 1) 46.55  浜松市立 (静岡)
         (1走)鈴木 海景(1)
         (2走)菅 麻衣(3)
         (3走)名倉 彩夏(1)
         (4走)滝井 亜由美(3)

● 女子走高跳・決勝 (7月30日)
 1) 1m74(×○)  高島  柚佳(3) 福岡 ・ 中村学園女
 2) 1m74(××○) 土川  萌子(3) 栃木 ・ 那須拓陽

● 女子円盤投・決勝 (7月31日)
 1) 45m14  中田 恵莉子(3) 徳島 ・ 生光学園

● 女子やり投・決勝 (7月29日)
 1) 57m31  佐藤  友佳(3) 大阪・東大阪大敬愛
 =日本ジュニア新・日本高校新・大会新


◆ 男子対校得点 (2日目終了時点)
 1) 19 東大阪大柏原(大阪)
 2) 16 滝川二(兵庫)
 3) 15 埼玉栄(埼玉)
 4) 13 修道(広島)
 5) 11 近大付(大阪)
 6) 11 那須拓陽(栃木)
 7) 11 相洋(神奈川)
 8) 11 洛南(京都)

◆ 女子対校得点 (3日目終了時点・6位まで)
 1) 27 東大阪大敬愛 (大阪)
 2) 14 那須拓陽(栃木)
 3) 11 口加(長崎)
 3) 11 園田学園(兵庫)
 5) 11 松陽(鹿児島)
 6)  9 筑紫女学園 (福岡)

以上です。JAIC系列の速報サイトでグラウンドコンディションを確認すると、沖縄の競技場では3日間を通して強い風が容赦なく吹き付けてますね。その影響で周回ものの種目(400m、400mハードル、800mなど)では好記録が出にくい条件ということがいえると思います。加えて、優勝候補といわれていた選手が優勝できず、本命視されていない選手が優勝するなど一部の種目では番狂わせが起こっています。
さぁ、いよいよ「沖縄総体」の陸上競技は今日から後半戦。各個人種目の戦いにももちろん注目しますが、学校対校の男子総合優勝争いもここからが正念場です。
それでは陸上競技4日目、まもなくスタートです。
 
2010/8/1(日)9:21

2 Name にんにん
 
いつもいつもJAZZY-Kさんの的確で冷静で素早いには、本当に頭が下がりますありがとうございます&ご苦労様です
後半戦、新潟県人悔いなき走りを期待しつつ、みんな頑張れ〜輝け〜
 
2010/8/1(日)10:08

3 Name Jazzy-K
 
時刻は午後5時を回っております。
「美ら島沖縄総体2010」の陸上競技のテレビ放送は既に終了しましたが、大会4日目の競技はまだまだ続いております。
只今トラック競技は、女子4×400mリレー(通称マイルリレー)の1次予選が終わって、今度は男子の1次予選が行われている、といったところです。女子の方は準決勝のスタートリストまで情報が入ってますが、なんということか、北信越大会優勝の敦賀高校(福井)が欠場しましたね。一体彼女らに何があったのでしょうか?
一方、北信越大会2位の柏崎(新潟)は1次予選3組、2着フィニッシュ。自動的に準決勝へ進みますが、柏崎の予選タイムが他の組の2着のタイムよりも比較的よかった為準決勝は3レーンからのスタート、しかし強豪揃いという厳しい戦いを強いられることになりそうですが、チーム一丸となってファイナル進出を目指してほしいと思います。女子マイルリレーの決勝は明日の夕方に、女子の最終種目として実施されますが、このマイルリレーがインターハイ正式種目として加わり今年で10年目となる中、北信越勢としてはいまだにインターハイの女子マイルリレーで決勝進出を果たしたチームはありませんが、明日の準決勝で柏崎は比較的内側レーンからのスタートということで、チームリーダー的存在の池嶋選手も望んでいたことと思います。
これをチャンスだと思って、頑張ってくれれば最高ですね。
そして、石川の小松商はプラスでの準決勝進出ということで準決勝3組は2レーンからスタートになります。
さぁ、明日の女子マイルリレーはどんな結末が待っているのでしょうか? テレビ放送がないのが残念です。
 
2010/8/1(日)17:30

4 Name Jazzy-K
 
大会4日目、新潟県選手団結果のおさらいです。
女子200mは2年生の天谷選手(新発田)が決勝進出を果たしましたが、決勝レースは8位でフィニッシュしました。
女子3000mで藤石選手、男子3000m障害は学館の佐藤選手がそれぞれ着順で予選突破、本日の決勝へ駒を進めました。
それから、優勝候補が7位に終わるなど「番狂わせ」が起こった女子七種競技で、学館の松本実生選手は跳躍系種目での記録が伸びず、総合30位でフィニッシュしました。
あと、男子マイルリレーは、明訓など含め北信越勢6チームそろって1次予選敗退でした。

さぁ、いよいよ陸上競技は本日最終日です。
間島麟太朗選手、三段跳びに出るのかな?
女子100mH、注目新人・宮崎選手が登場する予定です。
そして、藤石選手の女子3000m決勝、佐藤選手の男子3000m障害決勝もあります。
女子マイルの準決勝、柏崎、ファイナル進出なるか?
そして、学校対校の男子総合優勝争いはどんな形で決着するのか?
「美ら島沖縄総体2010」陸上競技、いよいよ最終日の戦いが幕を開けます。
 
2010/8/2(月)6:52

5 Name Jazzy-K
 
女子200 天谷(新発田)が8位入賞

◆ 本来の力出せず
女子200bの天谷友紀(新発田)がインターハイ初出場ながら8位入賞を果たした。ただ、決勝記録は25秒43と本来の力を出せず、
「悔いが残るレースをしてしまった。もっと強くならないといけない」と不満げに話した。
200bは1日に予選から3本のレースをこなす。準決勝では24秒89で決勝進出を決めたものの「力を使い切り、(決勝への余力が)残ってなかった」という。
決勝は持ち味の後半の伸びもなりを潜め、見る見る置いていかれた。
まだ2年生。今大会は来夏へ向けた経験の場と位置づけていた。「でも、やっぱり悔しい」。体力強化や体重管理などを今後の課題に挙げ「来年はメダルが欲しい」と雪辱に胸を刻んだ。

[ 新潟日報 2010年8月2日(月) ]
 
2010/8/3(火)6:35

6 Name Jazzy-K
 
「美ら島沖縄総体2010」陸上競技、大会最終日での、新潟県勢の入賞はありませんでした。
それでは、陸上競技最終日出場選手の中から、藤石選手、佐藤舜選手、そして女子マイルリレー柏崎高校チームのコメントをどうぞ。まずは藤石佳奈子選手から。

ペース乱され失速 〜女子3000m決勝 藤石佳奈子

女子3000b決勝で世界ジュニア日本代表の藤石佳奈子(三条)は集団の中でペースを乱され、持ち味を発揮できなかった。13位でフィニッシュすると、両膝を手につき無念の表情を浮かべた。
外国人留学生ら有力選手がひしめく決勝。ハイペースを予想した藤石は序盤で5番手以内につけ、粘り勝つプランを描いていた。しかし序盤のペースが遅く、終盤になるにつれペースアップ。「想定外」の展開にポジション(=集団での位置取り)が安定せず、中盤以降置いて行かれた。
世界ジュニア選手権が行われたカナダから帰国したばかりで7月29日の1500b予選を欠場、昨年6位だったこの種目に懸けていた。
「悔しい思いがないといったら嘘になるが、頑張ったかなと思う」と淡々と話した。

8位から一転失格  〜男子3000m障害物競走決勝  佐藤舜

男子3000b障害の佐藤舜(東京学館新潟)は上位に食い下がり8着でフィニッシュしたが、レース後に失格となった。競り合いの中で佐藤の振った腕が他選手(の身体)に接触し、妨害したと判断された。
思いがけない結果にも佐藤はさっぱりとした表情で「レースなので仕方ない。もっと上の順位を目指していたので1位以外なら失格も8位も変わらない」と気丈に話し、「引きずるより、すっぱりいった方が次にいけて、さらに強くなれると思う」と前を向いた。

[2010年8月3日(火) 新潟日報
 
2010/8/5(木)23:16

7 Name Jazzy-K
 
レベルの差 痛感 〜女子4×400m(1600mリレー)準決勝 柏崎高校(新潟)

女子1600bリレー準決勝に挑んだ柏崎高校は3分52秒28で2組6着となり敗退。うなだれてトラックを後にした。1走橋本真彩子は出だしから快調にとばし、3番手でリレー。しかしその後は徐々に順位を落とし、アンカー(4走)の池嶋祥子は7番手から懸命に追走したが及ばなかった。
 池嶋は「自分のイメージ以上に全国はものすごくレベルが高かった」と力量差を痛感。全員が2年生だけに、橋本は「来年は全国でも通用する実力をつけたい」と、さらなる成長を誓った。

[2010年8月3日(火) 新潟日報
 
2010/8/5(木)23:26

8 Name 削除済
 
削除済
 
2010/8/8(日)19:25
 

9 Name Jazzy-K
 
◆ 「美ら島沖縄総体2010」陸上競技
大会4日目・5日目優勝者一覧


● 男子200m決勝 (8月1日14時45分)+0.5m
 1) 21.35 三原  浩幸(3) 千葉・千葉東

● 男子800m決勝 (8月1日13時52分)
 1) 1:51.51 川元   奨(3) 長野・北佐久農

● 男子5000m決勝 (8月1日18時57分スタート)
 1) 13:59.86 マイケル ギチンジ(3) 青森・青森山田
 2) 14:00.54 西池  和人(3) 兵庫・須磨学園

● 男子110mH決勝 (8月2日15時15分) 風は0.0m
 1) 14.32 腰山  高弘(3) 北海道・市立函館

● 男子3000mSC決勝 (8月2日14時00分スタート)
 1) 8:59.62 スティーブン カルノ(3) 宮城・仙台育英
 2) 8:59.84 芝山  智紀(3) 兵庫・西脇工

● 男子4×400mリレー・決勝 (8月2日16時45分スタート)
 1) 3:13.07 桐蔭学園(神奈川)
         (1) 室伏 基(2)
         (2) 中村 祐太(2)
         (3) 長谷川 拓哉(3)
         (4) 皆木 佑太(2) 

● 男子走高跳・決勝 (8月1日15時07分スタート)
 1) 2m10 糟谷  隆明(2) 愛知・中京大中京
 (2m10を1回でクリア)
 2) 2m10 元吉  雄基(3) 東京・東京高校
 (2m10を2回目でクリア)
 3) 2m10 菅原  敬弥(3) 秋田・秋田西
 (2m10を2回目でクリアしたが、決勝2m07までの失敗数は2位の元吉よりも1つ多かった)

● 男子三段跳・決勝 (8月2日)
 1) 15m50(+1.3m) 米澤  宏明(3) 京都・洛南

● 男子円盤投(1.75kg)・決勝 (8月2日)
 1) 49m40 中村  太地(3) 茨城・笠間


◆ 学校対校男子総合結果
 1) 23.00 和歌山・和歌山北
 2) 22.50 大  阪・東大阪大柏原
 3) 22.00 埼  玉・埼玉栄
 4) 18.00 京  都・洛南 (金1・銀1・銅0)
 5) 18.00 静  岡・浜名 (金0・銀1・銅1)
 6) 16.00 青  森・青森山田 (金メダル2個) 
 6) 16.00 兵  庫・滝川二 (金メダル2個)
 8) 16.00 兵  庫・須磨学園 (金0・銀1・銅1)
 9) 15.00 茨  城・笠間 

以上です。
なお、総合得点が同じであるにもかかわらず順位が分かれているのは、「メダルテーブル」の優劣で判定された結果であります。
なお、>>1に書いてある「3日目までの優勝者」の所で男子400mH・加藤誠也選手の所属が変換ミスで「夏山」になっておりましたが、ただしくは「松山」の誤りでした。
大変失礼しました。

では、続いて女子の優勝者を紹介します。

● 女子200m決勝 (8月1日14時35分)
 1) 24.48 長谷川 美里(3) 神奈川・荏田

● 女子800m決勝 (8月1日13時33分)
 1) 2:09.35 高橋  満里(3) 大阪・東大阪大敬愛


● 女子3000m決勝 (8月2日16時12分スタート)
 1) 9:11.51 ワイナイナ ビートライス ムルギ(2) 愛知・豊川
 2) 9:11.60 赤松  眞弘(3) 岡山・興譲館

● 女子100mH決勝 (8月2日15時10分) +2.6m
 1) 13.63 伊藤   彩(3) 福島・喜多方

● 女子4×400mリレー・決勝 (8月2日16時31分スタート)
 1) 3:42.62 東大阪大敬愛(大阪)
          (1) 上山 美紗喜(3)
          (2) 吉田 奈生子(2)
          (3) 正垣 知保里(3)
          (4) 高橋 満里(3)

● 女子走幅跳・決勝 (8月1日16時50分スタート)
 1) 6m04(+0.3m) 中尾  優里(3) 和歌山・和歌山北
 2) 6m02(-0.4m) 宮坂   楓(3) 長野・東海大三

● 女子砲丸投・決勝 (8月2日16時55分スタート)
 1) 14m21 松田  昌己(2) 埼玉・西部台


◆ 学校対抗女子総合結果
 1) 50点 大  阪・東大阪大敬愛
 2) 26点 岡  山・興譲館
 3) 17点 兵  庫・園田学園 (金0・銀1・銅1)
 4) 17点 鹿児島・松陽 (金0・銀0・銅2)
 5) 16点 神奈川・荏田
 6) 15点 神奈川・桐蔭学園
 7) 14点 宮  崎・宮崎商 (金1・銀0・銅1)
 8) 14点 栃  木・那須拓陽 (銀2)
 8) 14点 三  重・宇治山田商 (銀2)
10) 14点 福  岡・筑紫女学園 (銅1)

以上です。
 
2010/8/8(日)19:24

10 Name 削除済
 
削除済
 
2013/2/11(月)21:58
 

Name
Mail
Comment

 
 


    
 
  【No.358 Res.0】

今年度の“記録集計号”について


1 Name 観戦者
 
毎年このころに、陸上競技専門月刊誌が、その年度の記録を集計した冊子を販売or付録としています。
新潟県内では15日に発売でしょうか。
わたしもここ永らく、購入しており、今年度も楽しみにしているところです。

ただ、今年度の集計記録には、新潟県内の秋ころ開催の大会については、大会主催者の報告の遅れで、好記録であっても、期限に間に合わず掲載されないことになったようです。

翌月以降の月刊誌に訂正が掲載されるのでしょうが・・・
少々残念です。

主催者の担当者は本業(学校勤務?)もあるなか、多忙なことは十分判りますが、他県でできていることが、できないとは言いにくいのではないでしょうか
たしか、各連盟公認の大会の結果・記録は、“決まりごと”として、連盟委託先or機関誌の雑誌に報告することになっているはず・・・

今後の遺漏ない対応に引き続き期待しています。
 
2012/3/10(土)20:11

Name
Mail
Comment

 
 






トップ - ホームに戻る - 過去ログ倉庫 - 表示設定 - モバイル表示 - 管理画面 - 無料レンタル掲示板