1:エレン・イェーガー

思い出す

時々ふと思い出す。
あなたは今何をしているんだろうか、なんて。
別れを切り出したのは紛れも無く自分なのに、他に好きな奴が出来たなんて言われたら、引き止めることなんてオレには出来ませんでした。
本当に、本当に好きだったと、思います。
あなたと言葉を交わせる日々が、本当に楽しくて幸せだったんだと。

あの時、やっぱり一緒に居たいんだなんて言って戻ってきてくれたあなたの手をもう一度とるべきだったんでしょうか。

誓い合った指輪はもう棄てました。
あなたの居た痕跡も、あなたへの気持ちも、全て。
これは後悔なのか単なる懐かしみなのか、ただ、未だにふとあなたを思い出す。

願わくば、あなたの望んだ幸せがその腕に掴めていますように。
どうか、お元気で。
2019/8/22 6:45