100号室 桐谷 朱鷺

一歩先行く掲示板

[投稿][HOME]

★綾瀬裕夢
大好きな人の隣に、見詰められる距離に、触れられる場所に、…ただ傍に居たいんだよ。(穏やかな表情其の儘に言葉を紡ぎ出し一度双眸を閉ざすも軈て瞼持ち上げた先在る彼の瞳に再びと視線定め、其れが交わらない事も気にせず見詰め続けていれば不意と問い掛けに加え一つの所作を与えられ淡く笑声奏で乍ら言外の返答と首左右に振り。然し次いで並べられる羅列の一つ一つを真剣な表情以て静かに聞き受けるなら軈て彼が浮かべた笑顔を何処か驚き滲む眼差しで見据えた後僅か眉下げつつ微笑み、其れと同時急に成らぬ様少しずつと凭れていた体を起こし目線を下へと落として)凄く大事な時を君は過ごしたんだね。……色々な事が君の中へ流れて、積って、混ざり合ったのかな。的外れな事云ってたらごめんよ。

[削除]

★桐谷朱鷺
そのようです。でも今回は兄貴だけじゃなく、親父も肩を持ってくれまして(相手の言葉に数回の頷きを以て答えながら相手の居る側諸とも小さく肩を揺らし、間近にて交わった視線を静かな瞬きで途切れさせると手元に定め)まあ…幸福でもあり、残酷でもあり…表裏一体かもな。…なに、泣いてるように見える?(不意に傍らから指が目許の肌を撫ぜると瞳を流して相手の手の下から掬い見遣り、相手の頭へと掌を乗せると無遠慮に混ぜ)俺さ、いろんな物身に付けて行ったんだよ。以前から肌身離さずだった物から、辞める前に無事を祈って贈ってもらった物まで沢山。でもさ、金目の物は盗られる心配あったし、あとはチェーンが切れたり汚れまくったり……なくさねぇために外す事にしたんだ。そんなの初めてでさ…温泉とかで一時的に外した事はあっても、ホントの意味で外した事なんてなかったんだよな。…それが、いざ外すとなんか何処か軽くなったような、でも心許ねぇような…そういう心境が、少し、青藍に初めて来た時に似てたんだよなぁ。だから、今なら、と(最初は丁寧に言葉を紡いでいくものの最後は何処か晴れやかな微笑を浮かべ)

[削除]

★綾瀬裕夢
其れは可愛い息子を自分の側においておきたい母親心ではなくて?(微笑ましい内容の会話故終始淡くも穏やかな笑み浮かべ続け乍ら心地好い時間を過ごし、軈て交わる目線に刹那のみ緊張を滲ませるかの様肩揺らすも決して逸らす事せず確りと一度頷いて)ん、そうだね。当たり前で簡単な様で、本当は凄く難しくて幸せな事。でも、屹度其れを忘れて仕舞いがちなんだろうなと思う。……何て幸せなんだろうって、思うよ。(彼に倣いマグカップを一度手離した後自然な動作で彼が触れた存在を見詰め、其れと同時に告げられた台詞の一つ一つを己の内へと刻むも敢えて言葉返す事はせず同様に己の手首にて輝く装飾品見せる事なく衣服の上から掌で包んだ後其の手先持ち上げ指の背で僅か相手の目許撫で遣って)

[削除]

★桐谷朱鷺
まあ一部再利用もあるけどな。母親に自宅から通える今の学校で良いじゃねぇかと言われて最初は買い渋られたし(子どものように拗ねていた母親の姿を思い出し、仕様がなしとばかりに眉を下げて笑み、延ばした手の指先でカップに触れ手先に暖を取っていれば相手の声と眼差しが己へと向けられるのを距離感で感じ取り、目線を流し相手と合わせた瞳を柔く細め)…また会えるってのは、凄ぇ事だな、裕夢。人と人が、また会えるってのは(カップから手を引き、制服シャツの袖口から覗く明らかに見すぼらしい革紐の輪に触れ、再入学を決めた断片を小さく零し)…今なら、もう一度新入生になれる気がしたんだ。

[削除]

★綾瀬裕夢
そうなの?じゃあ全てがおにゅうなんだね。……新しい部屋の香り。(僅かと色味変化した彼の声音に目許が弛み表情其の儘緩慢双眸閉ざしては幾度目かの深呼吸を経て一つの呟きを、次ぎ感じる事の叶う衣服越しの体温に鼻先へつんとした痛みが走るなら思わずと瞼持ち上げた瞳素早く瞬かせ其れ打ち消して)そうだね、色んな変化は有れど屹度奥の奥の部分が変わらないからそう思うんだろうなって俺は思いました。可笑しくねえ訳ねえでしょ、皆君が帰ってきて嬉しいと……じゃなくて、俺は、嬉しいよ。……どうしようもなく、嬉しい。ずっと、願ってたから。(上手く言葉を紡げないもどかしさ構わず伝えたい気持ちを確かめる様一つ一つ音に成し、不意と感じた重みに漸く真直ぐ彼の横顔を見詰め告げた通り至極柔い笑み浮かべて)

[削除]

★桐谷朱鷺
ああ、物が大幅に減ったしなぁ。前に使ってた家具もリサイクルに出されてたから新調してもらったし。そこはラッキーだったな(今一度室内に視線を巡らせ鮮明に思い起こせる以前の己の部屋と比較してみれば深く考察する必要もなく相違は明らかで、最後に喜び混じりの声音で言葉を足し。相手が腰を上げるのを眼で追い迎えると片側に掛かる重みを享受し、告がれた言葉に穏やかな笑みを浮かべ)…うん。有り難う。…青藍は、変わらねぇなぁ。勿論人の出入りもあっただろうし、彩度や明度みてぇなのも変わっただろうけど…同じ色をしてる。なのになんでお前帰ってきたんだよって訊かれても可笑しくねぇくらいだよ(長く吐息をし未だ完全に馴染まないながら静かな空気を淡く揺らすと片手を床につき己の体重を預け)

[削除]

[次へ][最新]

[投稿する]
[投稿通知]
[ホームに戻る]
[過去ログ倉庫]
[管理画面]
[無料レンタル掲示板]
[ご案内:新デザイン]