117号室 妹尾唯人

多機能レンタル掲示板

[投稿]

★雛屋宜 十和
気に入った。十年は使う。(スヌードを首に巻く所作を嬉し気に眺め贈って貰った名入の立派な財布を甚く気に入ったか使い込めば込む程に味が出るであろう一品に比喩では無い本人至って本気の言ノ葉を紡ぎ、足首に贈ったそれへの可愛らしい反応に次第に気恥しさが募り目線を下げ薄く開いた唇にゆっくりと言葉を乗せ足りない頭ながらに考え抜いた贈物は暗に独占欲を宿す代物で肌身離さず身に着けていて欲しいと呟き両手で顔を覆う彼の身を引き寄せるように自身の方へと両腕以て抱き寄せ腕の中に収め)…手作りのもん自分から遣りたいって思ったの唯人が初めてだわ。手首とかじゃ部活で邪魔になるだろうし…、濡れても平気な素材らしいから、外すなよ。

[削除]

★妹尾 唯人
うん、あったかい。これで今年の冬もばっちり。(早速と言わんばかりにスヌードを首に巻いて温かさを確かめてみながら相手がプレゼントを開けるのを横目で眺め相手に比べて随分と小さくなってしまったのを心配に思いどんな反応をするのかと待っていては嬉しそうな声と表情を確認し心配は杞憂に終わってほっと息を吐き出して)………、気に入った?折角だし名入れ出来るやつ探したんだ。(心配事が無くなれば機嫌良く表情を緩めながらプレゼントについての説明をしているも再び相手が動き出すとそれを不思議そうに見つめ。リュックから出された何かを足首につけられるのを黙って受け入れ相手の手が離れると身を屈めるようにしてそこに残ったアンクレットを覗けば手作りのそれに瞠目し相手を見上げて)おまけ?………え、作ったの?十和が?え、ていうか、これもいいの?えー……もー、……ずるい。(当日にも花束を貰いプレゼントも盛り沢山な状態に戸惑いを隠せずチラチラと相手を何度も見ては両手で目元までを覆い隠し飽和状態の嬉しさから小さく悪態づいて)

[削除]

★雛屋宜 十和
(呟かれる一言に思わずと小さく呼気混じりに笑って受け取ってくれたそれと交換するように彼から贈物を貰い受けてはラッピングを解く恋人の様子を控え目な視線以て見守り反応を窺い)…寒いし、風邪引いて欲しくねえしな。つうか、唯人のやつなんだろ……、…お、すげえ。ありがとな。名前も入ってんじゃん。(スヌードとマフラーをどうやら気に入ってくれた様子に漸くと緊張感は溶けゆっくりと呼気を流し些か照れ滲む物言い誤魔化す如く此方も紙袋から取り出した包みを期待と共に解いてゆき、軈て瞳に宿る落ち着いた色味の財布に幾許か喜色滲む声を漏らし質感を確かめるよう表面を撫ぜたり中を確認と開いた先に見えるローマ字を読み辿れば自身の名のそれに殊更に嬉し気表情を弛緩させ手元から相手に眼差しを移して改めてと礼を紡いで喜び露わに微かに笑みを浮かべる次ぎ、思い出したと声を上げリュックを手繰り寄せるなら徐ろに取り出したそれを彼の左の足首に装着し)ありがとな、唯人。大事に使う。…あ、あと、オマケでこれもやる。初めて作ったからあんま出来はよくねえかもだけど。

[ゴールドのチェーンに水色のワックスコードを編み込んだ細身のアンクレットは、11月の誕生石となる透き通るようなブルートパーズを一粒埋め込んだ小ぶりなゴールドのホースシュー(馬蹄)モチーフのチャームが揺れるシンプルなもの。]

[削除]

★妹尾 唯人
狭かったよ。(短期間でもこの寮に男二人で暮らす広さは無くぼやくように呟いて。相手から渡された紙袋に礼を言いながら受け取るとお返しに赤いリボンで結われた黒の小箱が入った同じく黒の小ぶりの紙袋を差し出し、受け取ってくれたなら早速相手からの贈り物を開け中身の確認をしてみると中から出てきた防寒グッズに目を輝かせスヌードの生地を触って)ありがとう。俺もこれ、誕生日おめでとう。よし…、開ける。………おわ、あったかグッズだ。えー、これ気持ちいい。すごい、二つもありがとう。

【プレゼントの中身:ダークブラウンの二つ折り革財布。内側カード入れと小銭入れ部はワインレッドになっており、カード入れの下に型押しのみで"T.HINAYAGI"と名入れあり。】

[削除]

★雛屋宜 十和
そういや兄貴来てたんだもんな。ん、さんきゅ。(聞き受ける声音に軽い相槌を打ち前日迄彼の兄が帰省していたのだと思い起こし、テーブルに置かれたマグカップに礼一つの後に手を伸べ熱に気を付けつつミルクティーを一口)…そうだな、…じゃあ先ずはこれ。改めて誕生日おめでとな。(体内に流れ落ちる温もりに安堵の溜息を吐き、恋人の提案に頷き同様に幾許かの落ち着きの無さを醸しながら贈物の一つと傍らの白い紙袋を手に取りそれを隣の彼へと差し出し渡して。中には金のリボンで彩られた濃紺のギフトバッグが入っていて)

[present/グレーの毛足の長いフリースとアランニットが組み合わさった表裏で素材の違うスヌード&同色のアランニット手袋はミトン型と指抜きの二通りで使用出来る作りのもの]

[削除]

★妹尾 唯人
そう、……かも?兄来てたりしたしね。(その言葉で前回の記憶を辿りつつ白いマグカップを二つ出しミルクティーの粉をスプーンで移してからその中にお湯を注ぎ込み軽くスプーンで掻き混ぜて。スプーンをシンクに置くと両手でマグカップを持ち居住区へと入ってはテーブルの上にマグカップを置いてから小振りの黒い紙袋をキッチンから持ってきて相手の隣に腰を下ろして少し落ち着かない様子で提案をし)お待たせ。……じゃあ、早速交換する?

[削除]

[次へ][最新]

[投稿する]
[投稿通知]
[過去ログ倉庫]
[管理画面]
[無料レンタル掲示板]
[ご案内:新デザイン]