Write
1 ガブ

ロザリオの祈り。5

(PC)
52 ガブ
吉田山田 - 日々

(PC)
53 削除済
54 ガブ
GACKT - Last Song

(PC)
55 ガブ
Árstíðir - Heyr himna smiður (Icelandic hymn) in train station

(PC)
56 削除済
57 ガブ
最近、個人的に好きなピアニストの、キース・ジャレットの新譜が出ていたことが分かりました。僕は好きな音楽は沢山ありますが、個人的に特に好きなピアニストは、キース・ジャレット、ウォン・ウィンツァン、それから、フジコ・ヘミングさんです。

今日は、キース・ジャレットの新譜「Creation」のサンプラーのご紹介です。

Keith Jarrett - Creation - Medley

(PC)
58 ガブ
新居昭乃 - 美しい星
(作詞・作曲・歌 新居昭乃 編曲・門倉聡)
(映画「ウインダリア」のエンディングテーマでもあります)

(PC)
59 ガブ
工藤信夫さんの著書『魂のカルテ』の35ページから、星野富弘さんの詩が紹介されています。その、星野富弘さんの詩のご紹介をさせていただきたいと思います。

“よろこびが集ったよりも
悲しみが集った方が
しあわせに近いような気がする。

強いものが集ったよりも
弱いものが集った方が
真実に近いような気がする。

しあわせが集ったよりも
ふしあわせが集った方が
愛に近いような気がする。

(『風の旅』立風書房、62ページ)”
(SHV42/so-net)
60 ガブ
久々に、こちらの過去の自分の書き込みを見ていました。僕も若すぎて、未熟なところが多々あったなと感じています。こちらでは本当に皆さまに成長させていただき、貴重な経験をさせていただいて心より感謝しています。
僕自身は、誰よりも弱く、誰よりも救いようのない人間なので、かみさまが迎えに来てくださったのかもしれません。おそらく、僕も脳に損傷があると思います。おそらく、心に負荷がかかり過ぎた際に、脳の一部に損傷を負った可能性を自分でも感じています。少しずつ、癒えてきている部分もあるかもしれませんが…。これからは、僕も弱さを見せながら、当事者の一員として書き込みをさせていただけたら幸いです。この場をお借りして、これまで僕が傷つけてしまった方々、不快感を与えてしまった方々、また圧迫してしまった方々へのお詫びと、それにもかかわらず関わり続けてくださった方々への感謝の気持ちをお伝えさせていただきたいです。

僕は病の当事者としての経験は(2020年現在で)20年以上あるのですが、病の影響で社会経験が少ないため、未熟な面も多く、皆様には不快な思いをさせてしまうことも多々あると思いますが、また皆さまにはご指導いただきながら、僕もこちらで色々な失敗や貴重な経験をさせていただきながらも、少しずつでも成長していけたらいいなと思っています。僕のほう至らない者でありますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
(SHV42/so-net)
61 さか
こちらこそよろしく
(PC)
62 ガブ
(^-^)
(SHV42/so-net)
63 ガブ
ありがとうございます(^-^)
(SHV42/so-net)
64 ガブ
ジャン・バニエ/著、佐藤仁彦/訳、『永遠の泉 -いま、泣いているあなたは幸いです』一麦出版社、132-135ページより引用させていただきます。

“そこは、階段の最下段で、他の見捨てられた人、最も貧しく、最も小さな人を、キリストは見出されます。そして、その人たちとともに、コミュニティーを創ろうとされます。人類という体は、野心と権力と成績への欲求によって、引き裂かれており、キリストが、その体を創り直そうとされるのは、最も小さな人とともに、その人たちから始められます。

そうです。神の見方。これは、階段を降り、自分を低くし、最も下へ向かい、最も貧しい人、小さい人たちと一緒になることなのです。そして、誰も置き去りにせず、誰も忘れず、誰も見捨てることのない、新しい人類を創り出すために、彼らと一緒に、再び上るのです。

人間の見方は、可能な限り上へと、絶えず、階段を上ることを望みます。競争で勝利を得、権力を勝ち取り、能力、権力、富を獲得し、支配し、光栄、つまり、人間的な評判を得ることです。

イエスの秘密。これは、小さな人々と一緒に希望のコミュニティー、神の国というコミュニティーを創るために、蔑みと、小ささのうちにいる弱い人々を、再び見出すことにあります。”
(SHV42/so-net)
65 ガブ
作者不明のお祈りのご紹介をさせていただきます。

『私の願い - ある兵士の祈り』

“成功するために神に力を願いましたが、与えられたのは謙虚さでした。従うことを学ぶために。

善行をするために健康を願いましたが、与えられたのは病気でした。より善い行いをするために。

幸せになるために富を願いましたが、与えられたのは貧しさでした。賢くなるために。

人から尊敬されるために能力を願いましたが、与えられたのは弱さでした。神を必要とするために。

人生を楽しむために すべてのものを願いましたが、与えられたのは命でした。すべてのものに感謝して生きるために。

私が欲したものは 何も与えられませんでしたが、声にも出さなかった祈りが聞き届けられ、私はだれよりも豊かで 祝福された人間となれたのです。

作者不明

この祈りはアメリカのある兵士が
病院の壁に書きつけたと伝えられています。”
(SHV42/so-net)