6385アクセス

落葉亭


Name
Comment



 
  Name haru

令和1年 山茶花9月号

日の匂ひ包みしタオル梅雨晴間

市議会の色とりどりのアロハシャツ

検診の結果良好ビール酌む

梅雨寒やゆつくり溶かす舌下錠

民宿の窓に夜干しの水着かな

汗光る心ひとつとなる球児
2019/10/12
 
 
 

 
  Name haru

令和1年 9月

トラックに寿の文字小鳥来る

廃線の旅の鉄路の彼岸花

金の風銀の風吹く芒原

清正の掘りたる井戸の水澄めり

月の夜の酒は伏見の生一本

コスモスやカウベルの鳴るログハウス

コスモスや光とそよ風のダンス

長き夜の既読のつかぬメールかな

コンビニの棚は空つぽ台風来

台風来避難勧告発令す

台風来雨戸無き家増えにけり

店戸板はめて台風前の夜
2019/10/12
 
 
 

 
  Name haru

令和1年 山茶花9月号

髪型の決まらぬままに梅雨深し

梅雨籠本の世界に没頭し

草刈にボーイスカウト集ひけり

紫陽花や眼下に由比ヶ浜光り

どくだみの匂ふ空家の又一つ
2019/10/12
 
 
 

 
  Name haru

令和1年 8月

曼陀羅は家宝のひとつ盆用意

宅配で旅荷の届く子の帰省

かなかなや木立の中の芭蕉句碑

八月や祈ることしか出来なくて

花火の夜駅に臨時のバスが着く

八月の目を閉ぢて聴くレクイエム

退職の花束を下げ花火の夜

イグアナを描く八月十五日

カフェラテの泡やはらかき涼新た
2019/10/12
 
 
 

 
  Name haru

令和1年 山茶花8月号

父母の遺せし薔薇のまくれなゐ

定年の夫のスーツ更衣

駅前に床屋たばこ屋夏燕

湯の宿の廻る回廊竹落葉
2019/10/12
 
 
 

 
  Name haru

令和1年 7月

ソーダ水波音聴いてゐるテラス

ボクシング飛び散る汗と血のリング

市議会の色とりどりのアロハシャツ

草刈や人住まふこと無き生家

草刈にボーイスカウト集ひけり

検診の結果良好ビール酌む

ソーダ水夢みる頃の海の色

海の日の旗立ててゐる氷川丸

夜の秋溜まりしメール削除して

夕立や土の匂へる野球場

雑魚寝してクーラーの無き体育館

日盛や看板下ろすクレーン車

炎天やブラスバンドの野球帽

松葉牡丹今やポーチュラカの花壇

アスファルト匂ひし都心夕立後

新婚の夜のホテルのプールかな
2019/10/12
 
 
 

 
  Name haru

令和1年 山茶花7月号

初虹や歩道橋より海見えて

やはらかな朝日の中のさくらかな

桜貝さらふレースのやうな波

歩きたき坂を歩きて花の昼
2019/10/12