Z-Z BOARD

過去ログ691 2015/10/17 23:24

▼沙和
(いまだ携帯がない事に気づかないまま運ばれてきた料理を食べていたがやはり相手が奥田という事もあり美味しく感じなくて(笑)半分以上残しフォークを置こうとすると奥田が自身の手を掴み)


「…この後どこ行きますか?僕沙和先生の家でゆっくりしたいです。」


…ごめん。
さすがに家にはあげれない、かな。


「…沙和先生は…僕を拒むんですね…。僕の事好きじゃないんですか、…ひどいな…」


…痛…っ、とりあえず手離して…、ね?

(手を掴まれビックリしたのも束の間奥田の提案に更に驚き、しかし二人きりになりたくないため刺激しないように柔らかい言い方で断るが奥田は俯き肩を震わせながらブツブツと怒りだし。そんな奥田に対し掴まれた手を離そうとするが掴む力が強くて敵わずにいて)
10/17 23:24

▼陵介
「お前、いかねーの?あれなんかヤバくね?」

・・・・そう簡単に言うな

(奥田の気味悪い行動にドン引きしている友人から問われるが単なるストーカー問題とは違うため悩み)

「お待たせしました」

「とりあえず食うか」

(ステーキが運ばれてくると友人は奥田の様子を見ながら食べ始め、自分の前にもステーキがあるのだが勿論食べる気にはなれずにいて)

・・・今迄、奥田と沙和に何か接点があったわけでもないし。・・・ここ最近だよな。

(そういえばいつぞや奥田が沙和に挨拶をしていたことを思い出し、この不思議な現状の原因をブツブツと考え)
10/17 23:06

▼沙和
「………。」

(奥田はメールをチェックしていたが今度は保存している写メをチェックし出すと時々ニヤニヤしたり、また表情を曇らせたりして)


(そこへ自身がトイレから戻ってくるのが見えたらしく、しかし席を立ち上がれず自身の携帯を奥田のポケットにしまうと何もなかったかのようにしていて)


お待たせ。


(声をかけて座ると携帯を隠されたのを知らぬままバッグからハンカチを出し改めて手を拭こうとし)
10/17 20:12

▼陵介
「え、おいおい。男が彼女の携帯触ってんだけど」

は?

「まじ。まじで」

・・・・・

(奥田が沙和の荷物を物色する様子をドン引きしながら友人が言うと、さりげなく振り向いてそれを確認し)

「きめぇ・・・あんなの連れてて彼女大丈夫?」

・・・・

(また前を向くと目を伏せて頭に手を置いてこの事態をどうするか悩み)
10/17 7:45

▼沙和
(自身が席を立ちトイレへ行くのを奥田は目で追いかけていて、完全に自身の姿が見えなくなると奥田は立ち上がり沙和のバッグを取ると何の躊躇いもなくバッグから携帯を出し)

「…………。」

(バッグだけ沙和の座っていた席へと戻し奥田はまた座ると沙和の携帯を勝手にいじりメールなどをチェックし始め)
10/17 7:40

▼陵介
「いらっしゃいませ、おタバコは吸われますか?」

「はい、吸いま」

せん

「えっ」

(2人とも喫煙者なのだがある程度近い席に座りたいため禁煙席へと歩き出し、沙和達の近くの席に2人に対して背を向けて座り)

「・・・男の方高校生くらい?なんかthe根暗!て感じだよな。あ、でも髪型変えたらまぁイケるタイプかな」

「あ、席立った。彼女席立ちましたトイレにいきましたよー」

・・・・・

(背を向けて座ってるため友人が状況を小声で実況してくるが、それを軽く聞きながら何故沙和と奥田が、と頭をフル回転させて考えていて)
10/17 7:34

▼沙和
(店内へと入ると禁煙席を指定し、店員に席へ案内されると奥田の向かい側に座り)


「何食べますか?」

……えっと、じゃあ…グラタンで。


(メニューを眺めていると奥田が話しかけてきたため咄嗟に答え。店員を呼び注文をすると奥田と目を合わせないようなるべく視線をそらしたりしていたがそんな自身に対し奥田は笑顔で話しかけてきて/実際は目は笑っていない(笑))


「沙和先生が僕と二人きりで会ってくれるなんて嬉しいです。デートしてるみたいですね。でも…なんか沙和先生は嬉しくなさそうですね、僕といても。」


そんな事、ないよ…。
ごめん、トイレ行ってくるね。


(ちらりと奥田を見ては目が笑っていない事に気づき、恐怖を感じながら一言答えると席を立ち上がりトイレの方へと逃げ込み(笑))
10/16 22:41

▼陵介
「つーか腹減った。暇なら飯行こう。肉食いたい、肉」

あー、だな。

(長々と珍しく話していたが友人の提案でファミレスに行くことになり)

・・・待て

(ファミレスの駐車場に停めて降りると手を繋いで歩く奥田と沙和を見つけ、友人の足を止めると何事かと難しい顔で2人の姿を見つめ)

「っと、なに?どーした?・・・て、さっきの彼女じゃん。え、まさかの浮気現場?にしちゃ相手若いよな。弟?」

「あ、入ってった。どうする?突撃しちゃう?(笑)」

(友人は沙和に気づき、茶化して笑っていて)

サングラスとキャップ貸せ

「はいはーい(笑)」

(浮気でないことは分かるが何故奥田と一緒なのか、何故手を繋いでいるのか、奥田のストーカー気質を知っているため心配になり、友人のキャップとサングラスを装着すると沙和たちの後から時間を置いて店内へ向かい)
10/16 10:33

▼沙和
(奥田は保健室に忍び込んでいたが沙和から返事がきたあげく、会ってくれる=自分に気があると完全に勘違いしていて。保健室に盗聴器を仕掛け終わると保健室を後にして)


ー待ち合わせ時刻近くなり


(腕時計を見ては約束した時間が迫ってきているため会計を済ませると待ち合わせ場所へと向かい)


「沙和先生。」

………。

(待ち合わせ場所には既に菜々緒から自身に乗り替えた奥田の姿があり、奥田は自身が来た事を嬉しく思いながら声をかけてきて。奥田の前に立つが目を見れずにいたがそんな自身の様子を不思議に思った奥田は自身の手を取りそのまま握り)


「沙和先生の手指が長くて綺麗ですね。これからどこ行きますか?」

…ご飯でも食べようか。
近くにファミレスあったよね。


(手を振り払えず握られたまま問われた事に対して考え、二人きりになれる場所には行きたくないため近くのファミレスを指定すると奥田は上機嫌で自身と手を繋いだままファミレスへと歩き)
10/15 21:59

▼陵介
「お、陵介」

おう

(カフェで時間を持て余していると大学時代の友人と会い相席して喋り始め)

「ウケる。お前信用されてねーんじゃ?」

一般的にそう?
よく分かんねーんだよな

「まぁでも相手が菜々緒なら心配する気もわからんでもねーけど。で、お前の彼女どんな?」

菜々緒、言うほど美人か?
あー、こんなんならある。

(話は盛り上がり、先ほどの沙和の発言でムカついたことを話し、その流れでこないだ取ったエプロンの沙和の写真を見せ)

「・・・やば。超絶美人だろこれ。この超絶美人に妬かれてんの?死ねばお前」

いや、死ぬ訳にいかねーけど

(友人はスマホを拡大して沙和の容姿をマジマジと見ると美人度に唖然とし)

「・・・まぁ、お前は菜々緒とどうこうは考えられないんだろ?なら堂々としてれば?」

堂々としてんだけどな

「わざわざ元カノって報告するほどだもんな(笑)」

言わないほうが良かったんですかね

「どうすかね」

(男2人でカフェで長話をし、時折逆ナンもあったが適当にかわしながら時間をつぶしていて)
10/15 21:03

▼沙和
これで本当によかったのかな…

(菜々緒が奥田のストーカーに悩まされる事がなくなれば陵介に頼る事もなくなるだろうと思い陵介をとられたくない一心から始めた事だったが自分へ矛先が向けられつつあるため奥田を傷つけてしまうのが目にみえていて後悔と最善の方法がわからなくなってしまい)


【わかりました。早く会いたいです。】


(悩んでるところにまたメールを受信しチェックだけすると支度を始めまだ待ち合わせまで時間はあるがタクシーで待ち合わせ付近へと向かうとカフェで時間を潰し)
10/14 22:59

▼陵介
(沙和のマンションを出るとタクシーで帰宅し、気晴らしに愛車でドライブをして)

・・・・

つーか
欲求不満からの浮気とか

(気持ちよくドライブをしていたが沙和からの浮気の忠告を思い出すと信用されていないのかとムカついてきて(笑)一服しようと街中のカフェに行き1人コーヒーを飲みながらスマホをいじり)
10/14 11:09

▼沙和
(陵介がいなくなると体を起こし膝を抱え顔を埋めながら涙を流していたがリビングから携帯が鳴る音がすると涙を拭いながらリビングへ行き携帯をチェックして)


【沙和先生に会いたいです。】

【沙和先生の声が聞きたいです。】


【沙和先生に甘えたいです。こんなワガママを言う僕は嫌いですか?嫌いなら嫌いって言って下さい。】


(メールの送り主はまた奥田で、立て続けにメールを受信し。ストーカーの矛先を菜々緒から自分に向けようとしていたものの恐怖ににた感情を覚え、返信しないと怒らせてしまう気がして【今日夜予定空いてるなら20時に○○の前で待ち合わせしましょう】と返信するとソファーに座り今後どうするか考え)
10/13 23:47

▼陵介
・・・あ、いや、ちが

・・・・・

・・・・分かった

(直ぐに弁解しようとしたが沙和の様子がマジおこな気がして落ち着いてから弁解しようと判断し(笑)撫でるように布団をポンとするとゆっくり立ち上がり)

・・・・・・

戸締まり、しとけよ?

(誕生日のことをまた伝えられないまま、沙和を刺激しないよう一言だけ言うと沙和のマンションを出て行き)
10/13 23:32

▼沙和
………。

面倒…ってどーいう意味?

やっぱり私の事そんな風に思ってるんだ…


("面倒"という言葉を勘違いしそのままの意味で受け取ってしまい、布団をかぶったまま言い返すと涙が込み上げてきて)


今はこれ以上話したくないから帰って。

たぶん私陵介の事怒らせるだけだし。


(言葉を繋ぐと黙り込み、声を押し殺しながら溢れてくる涙をただひたすら流し(笑))
10/13 23:27

692690

掲示板に戻る

Presented by Z-Z BOARD